その後、セルフリノベーション

2019.12.19 Thursday

0

    JUGEMテーマ:民家再生

     

    台風でサッシが割れたり、瓦が落ちたり、ドアや雨戸が飛ばされたりといった被害があり、先行きの見えない状況に暗澹たる思いになったことも・・・しかし今は少しづつ進んでいます。

     

    11月30日

    土間に生コン投入!

     

    台風後は職人不足が深刻で、なかなか作業の人員が見つからず、友人の知り合いの知り合いまで声をかけてもらってやっと

    便利屋さん・漁師さん・造園職人さん・会社員の4人が集る。

     

    漁師のIさんは早朝の漁を終えてから駆けつけてくれる。手慣れた作業に感心していたら、元生コンの仕事を20年以上やっていたとのこと。Iさんのお陰で作業が早く終わりました。

     

    会社員のTさんは、ほぼボランティアで参加してくれる。

     

    生コンを流し終えた土間。

     

    12月の作業

     

    ギャラリーとなる部屋の仕切り作り。

    ほぞを作って筋交いを入れる。

     


    大工さんじゃないのに凄過ぎる便利屋さん。

     

     

    根太を付けずに大引きにスタイロフォームを入れていく。

    幅が広いので、落ちないように大引きの間に板を打ち付け、その上にスタイロフォームを置く(これは私の仕事)

     

    床材を並べていく。格安材ゆえ様々な色や穴があり、しかも3cmという厚い板なので、きれいに合わせていくのが予想以上に大変な作業。(高度な作業ゆえ私の出番がない)

     

    ここにきて、アメリカ人の左官職人の見習いをしていた25歳のS君が現場に参戦してくれることに。

    職人さん不足の状況で、本当にありがたいです。